本ページにはプロモーションが含まれます。(PRに関する当サイトの方針

彼氏に飽きたときに後悔しない選択をする方法

彼氏に飽きたときに後悔しない選択をする方法 彼氏を知る

彼氏への気持ちが冷めてくると、
「飽きたのかも」と感じてしまいますよね。

 

ただし、飽きたからと言って直ぐに別れるという選択は、
なかなかできないのではないでしょうか。

 

彼氏に飽きたときは、飽きてしまう理由と対処法がわかれば、
また彼氏を好きになることも可能です。

 

そこでこの記事では、
彼氏に飽きてしまう理由と対処法をご紹介します。

 

彼氏に飽きるのはネガティブな感情を溜め込むから

 

なぜ彼氏に飽きてしまうのか?

 

そこには、
彼氏に対してネガティブな感情をため込んでしまうことが関係しています。

 

ここでは、彼氏にネガティブな感情をため込んでしまう理由と、
それによりなぜ彼氏に飽きてしまうのかをご紹介します。

 

自分の価値観で相手を判断してしまうから不満を感じる

 

カップルが相手にネガティブな感情を持つときは、
自分の価値観で判断している
ことが多くあります。

 

しかし、男性と女性では、
そもそも脳や体の機能をはじめ、
異なる点がいろいろあります。

 

そのため、彼女が彼氏の言動を自分の価値観で判断すると、
彼氏の思考とは違う結論にたどり着きます。

 

例えば、彼氏が待ち合わせの時に「今日の服、似合ってるね!」と褒めると、
多くの彼女は「いつもは似合ってないってこと!?」と思うのではないでしょうか。

 

この場合、彼氏は素直に今日の服装を褒めたのに、
彼女は言葉の裏を読んでしまい素直に喜べないどころか、
不満を感じることもあるのではないでしょうか。

 

このように人は、自分の価値観で判断してしまい、
相手の意思をゆがんで捉えてしまうことを、
心理学では、「認知のゆがみ」
と言います。

 

男女では、この認知のゆがみが生じやすいため、
彼氏に不満を感じてしまいます。

 

不満を感じると彼氏を好きな気持ちを感じにくくなる

 

人が恋をするときは、
脳内でいろいろなホルモンの働きが関係することがわかっています。

 

例えば、

  • 彼氏にドキドキするときはフェニルエチルアミン
  • 彼氏に胸がキュンとするときはドーパミン
  • 彼氏に愛情を感じるときはオキシトシン

です。

 

これらのホルモンは感情に敏感で、
ネガティブな感情を察知すると、分泌されにくくなります。

 

そのため、彼氏に不満などネガティブな感情がたまると、
これらのホルモンは分泌されにくくなるので、
彼氏に恋心を感じにくくなります。

 

そうなってしまえば、自分の気持ちを大事にする女性からすると、
心が動かない彼氏に冷めたように感じはじめ、
いつしか彼氏に心が動かなくなり飽きてしまいます。

 

これが彼氏に飽きてしまう心理です。

 

彼氏にネガティブな感情が溜まる6つの状況

 

彼氏へのネガティブな感情が、
彼氏への飽きにつながることをご紹介しました。

 

ここでは、彼女がどんな状況で彼氏に不満を感じて飽きてしまうのかをご紹介します。

 

もし、ここでご紹介する例に当てはまらなくても、
あなたが彼氏に不満を感じるのであれば、
飽きてしまうのは仕方がないことなので、
自分を責めないでくださいね。

 

新しい刺激がないとき

 

多くの女性は、新しいことが好きですよね。

 

彼氏とのデートでは、
いろいろな所へ行って、話題のスイーツを一緒に楽しみたい思う方は多いはず。

 

しかし、男性はいつもと同じが好きなんです。

 

なぜなら競争本能がある男性は、
新しい状況は自分が不利になる可能性があるので、
避ける傾向があるからです。

 

そのため、いつもと同じに安心します。

 

これらの違いににより、
いつもと同じデートの繰り返しになると、
彼女は新しい刺激がないため彼氏に不満を感じてしまいます。

 

大切にされていないと感じるとき

 

多くの女性は、彼氏に大切にされていると思えることで愛を感じるのではないでしょうか。

 

このように大切にされ続けることを求める女性に対して、
男性が優しいのは付き合うまでや、付き合って少し経つくらいまで。

 

いつかは、彼氏も自分を優先するようになります。

 

彼氏の態度が変わり、自分を優先するようになると、
彼女は大切にされていないと感じてしまうので、
彼氏に不満を感じてしまいます。

 

彼氏の価値観を受け入れられないとき

 

付き合いはじめの頃は気にならなかったことでも、
彼氏との関係に慣れてくると、少しずつ価値観の違いが気になってくるものです。

 

そのときに、彼氏の価値観を受け入れられるなら、
問題はありません。

 

しかし、身だしなみや清潔感、言葉使いなど、
どうしても受け入れられない事があると、
それが不満になり溜まってしまいます。

 

愛が重いとき

 

自己肯定感が低い男性は、彼女に依存して、
愛が重くなったり、モラハラをしたりする傾向があります。

 

依存される側は、そのような彼氏が負担になるので、
不満を溜め込んでしまいます。

 

もし彼氏に依存されていると感じる方は、
こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

性格が重い彼氏の心理と付き合い方・別れ方

モラハラ彼氏の心理と別れられない彼女の心理、そして別れ方

 

彼氏から自立したとき

 

彼氏に依存気味だった女性が、
自分の時間を充実させられるようになると、
精神的に彼氏から自立することができます。

 

そうなったときに、お互いに相手を思いやれれば、
良い関係が続けることができるはずです。

 

しかし、彼氏が自己中心的な場合は、
精神的に負担に感じてしまうので、
彼氏に不満を感じてしまいます。

 

忙しくて疲れているとき

 

受験や仕事が忙しくて疲れているときは、
誰でも心に余裕を持つことができません。

 

心の余裕がなければ、彼氏と居ても、
普段なら気にならないことが、気になってストレスになります。

 

ストレスが溜まっていけば、
必然的に彼氏に不満を感じてしまいます。

 

彼氏に飽きたときの対処法

 

彼氏に飽きたかも、と感じたときは、
別れを選ぶこともできますが、
後悔しないために冷静になることもおすすめです。

 

また、あなた次第では再び彼氏を好きになることも可能です。

 

ここでは、彼氏に飽きたときにできることを3つご紹介します。

 

距離を置いて冷静になる

 

忙しくて疲れているときなど、
不満が溜まり心に余裕がないときは、
クールダウンするためにも、彼氏と距離を置いてみることはありです。

 

ただし、距離を置く場合は、
しっかりと目的を決めておかなければ、
時間の無駄になってしまうこともあります。

 

そこで、距離を置く場合は、
事前にこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

彼氏と距離を置くときに知っておきたい、距離を置くより大事なこと

 

飽きた彼氏をまた好きになる3つのポイント

 

彼氏に飽きてきたけど、
彼氏との関係を修復して、
また幸せな時間を取り戻したいという方もいるのではないでしょうか。

 

ここでは、再び彼氏と楽しい時間を過ごせるようになるためのポイントをご紹介します。

 

考え方を変えて、ありのままの彼氏を受け入れる

 

心理学では、人の感情は出来事に対する考え方で決まる、と言われています。

 

つまり、あなたが彼氏に不満を感じている出来事に対して、
考え方を変えればネガティブな感情は解消されます。

 

例えば、付き合ってから彼氏の電話やLINEの対応がそっけなくなったときに、
「彼氏は冷めたのかも」と考えると「不満」を感じてしまいます。

 

しかし同じ状況でも、「これが彼氏なんだ」と考えることができれば、
ネガティブな気持ちにならないはずです。

 

このようにネガティブに思っている彼氏の言動に対して、
「良い・悪い」で判断する代わりに、
「これが彼氏なんだな」とありのまま受け入れることで、
ネガティブな感情を解消できます。

 

彼氏との幸せを考える

 

あなたが彼氏に恋心を感じていたときは、
幸せなシーンを思い浮かべることがありませんでしたか?

 

人は幸せなシーンを想像するだけでも、
先ほどご紹介した恋愛ホルモンの1つであるドーパミンが分泌されるので、
また彼氏に恋心を感じやすくなります。

 

このときも、「どうせ想像しても意味ない」など、
ネガティブなことを思ってしまうと、
ホルモンの分泌を妨げてしまう
ので、
自分の世界にどっぷりハマってお姫さまになり、
遊び心で想像を楽しむことが大切です。

 

自分で自分を幸せにする

 

女性の中には、彼氏に愛されることを強く求めすぎてしまう方もいます。

 

そのような場合、自分の幸せをコントロールするのが彼氏になってしまうので、
彼氏の言動で気分が浮き沈みしてしまいます。

 

しかし、自分で自分を幸せにしようと考えれば、
幸せをコントロールできるようになります。

 

例えば、彼氏と上手くいかないときでも、
自分を喜ばせるためにプチ贅沢をしたり、
休日を思いっきりダラダラ過ごしたり
するなどです。

 

このように、どんどん好きなことや、気持ちが喜ぶことをすれば、
自分で自分を幸せにすることができます。

 

自分で自分を幸せにできるようになれば、
彼氏との関係もポジティブに考えられるようになるはずです。

 

別れる判断をするポイント

 

彼氏に飽きてしまい別れを考えているけど、
後悔する不安がある方は、
「彼氏を愛したいかどうか」という視点が参考になるはずです。

 

なぜなら、「彼氏を愛したいかどうか」という視点は、
自分の意思を大事にしているので、
どんな結果になっても、自分の幸せに繋げることができるからです。

 

しかし、もし彼氏の言動で別れを判断することになれば、
次の彼氏ができて上手くいかないことがあるたびに、
「あのとき別れなければよかった」と後悔してしまいます。

 

そのため、「彼氏を愛したいか」という、
あなたの意思を別れの判断にしてみてくださいね。

 

彼氏に飽きたのに別れられない理由

 

彼氏に飽きた彼女の中には、
彼氏と別れられずに悩んいる方もいるのではないでしょうか。

 

ここでは、彼氏に飽きたのに別れられない女性の2つの心理と対処法についてご紹介します。

 

彼氏に依存しているから

 

先ほどもご紹介したように、
自己肯定感が低い人は、恋人に依存する傾向があります。

 

そのため、彼氏に飽きたのに離れられないと感じる彼女は、
彼氏に依存しているため、別れられないと考えられます。

 

彼氏に依存している方は、
自分で自分を認められるようになることで、
彼氏から自立することができます。

 

自分を認められるようになるためには、
普段からありのままの自分に優しくなり、
どんな自分も受け入れてあげることが大切です。

 

自分を受け入れる具体例は、
こちらの記事でご紹介しているので参考にしてみてくださいね。

彼氏に「重い」と言われたときに関係を修復する方法

 

彼氏に情を感じてしまうから

 

彼氏と別れようとしても、
彼氏が納得してくれず別れられないことがありますよね。

 

このような場合は、
彼氏に情を感じてしまい別れられない可能性があります。

 

例えば、彼子に別れ話を切り出したときに、
彼氏を「かわいそう」と感じてしまうことがあるのではないでしょうか。

 

「かわいそう」と感じるときは、恋心を感じるホルモンの1つ、
オキシトシンが分泌されてしまいます。

 

そのため彼氏に情を感じると、別れられなくなってしまいます。

 

もし彼氏に情を感じてしまっても、彼氏に対する不満を思い出せば、
オキシトシンの分泌を抑えられるので「別れたい」という意志を取り戻すことができますが、
これまでに彼氏にされたことへの不満を胸に溜め込んで臨めば、
情に流されずに別れられるはずです。

 

ただし、不満をいつまでも持ち続けると精神的に良くないので、
別れた後は、思いっきり自分に優しくして、不満をスッキリ忘れてくださいね。

 

まとめ

 

彼氏に飽きてしまうのは、
認知のゆがみにより、彼氏にネガティブな感情が溜まることで、
彼氏への恋心が感じにくくなるからです。

 

もし彼氏に飽きたときは、
別れるだけでなく、
距離を置いて気持ちを整理したり、
また彼氏を好きになったりする方法もあります。

 

彼氏と別れて後悔しないためにも、
「あなたがどうしたいか」という気持ちを大切に、
対処法を選んでみてくださいね。

 

参考

大嶋 信頼、すごい恋愛ホルモン 誰もが持っている脳内物質を100%使いこなす、青春出版社、2018/6/21

アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ、話を聞かない男、地図が読めない女、主婦の友社、2002/9/1

齊藤勇、面白いほどよくわかる! 「男」がわかる心理学、西東社、2013/3/15

齊藤勇、面白いほどよくわかる! 「女」がわかる心理学、西東社、2013/12/27

アルバート・エリス、現実は厳しい。でも幸せにはなれる Kindle版、文響社、2018/8/31

タイトルとURLをコピーしました