本ページにはプロモーションが含まれます。(PRに関する当サイトの方針

彼氏の愛情表現が少ないときに知りたい愛されているポイント13選

彼氏の愛情表現が少ないときに知りたい愛されているポイント13選 彼氏を知る
記事を書いた人:中沢スグル
サイト運営者:中沢スグル

妻との恋人時代に喧嘩と別れを経験し、心理学や脳科学を30冊以上の本で学び、試行錯誤したノウハウを紹介するために本サイトを立ち上げました。

しかし読者様からの声で、自身の経験だけでは役に立てないことを知る。

そんなとき知った電話占いでは、恋愛で悩む多くの方が救われていたため、本当に力がある占い師を探すべく調査を開始。

<実績>
・電話占いの調査暦3年
・1人で【800名以上】の占い師を調査(20以上の電話占いサイト)
調査した占い師一覧調査データの原本はこちら
・口コミは【15万件以上】を調査

・人気ブログランキング 電話占い部門第2位獲得(ランクイン時のキャプチャ

<著者情報>プロフィール

※当サイトでご紹介している電話占いサイトは、安全に利用できること保証します。

失敗しない【復縁】!
〜アドバイス通りにするだけで全ての復縁を幸せへ導く占い師〜

 

「復縁」でどうすれば良いかわからない方へ

すべての復縁が上手くいくための「本質」があります

 

復縁記事:的中ランキング第1位!何も言わなくても視える霊視とアドバイスですべての復縁を幸せへ導く占い師
(的中ランキングを調査したデータ原本はこちら

 

彼氏が愛情表現をしてくれないと寂しいですよね。

 

多くの女性が彼氏の愛を感じられず悩んでいます。

 

彼氏の愛を感じられず悩んだときは、
男女における愛情表現の違いを知ることで、
愛されていることを確認できるはずです。

 

また、自信をつけることで幸せを取り戻すこともできます。

 

そこでこの記事では、愛情表現が少ない彼氏の心理や、
彼氏の愛情表現が減る理由をはじめ、
寂しくなったときの対処法や彼氏の愛を確認するポイントをご紹介します。

 

また、最後には心理学に当てはまらない彼氏の
愛情表現が少ない理由を知る方法もご紹介するので、
参考にしてみてくださいね。

 

確実に彼氏が変わってくれる方法!
~ストレスフリーで彼氏と付き合う本当の幸せへ~

 

・どうして言葉で気持ちを伝えてくれないの
・なんで自分から連絡してくれないの
・なんで返信してくれないの
・どうして自分から会おうとしてくれないの
・なんで彼氏は私が傷つく言動をするの
・どうしたら彼氏と仲直り、結婚できるの...etc.

 

上記のように悩んでいる方へ:アドバイスで人を変えた実績が800名中第1位!恋愛・複雑恋愛の彼氏が確実に変わってくれる方法で導く占い師
(アドバイスの実績を調査したデータ原本はこちら

 

彼氏の愛情表現が減るのは冷めたからではない

 

それまで愛情表現をしてくれていた彼氏の愛情表現が、
急に減ると冷められたのかも、と不安になるかもしれません。

 

しかし多くの場合、
彼女に飽きたからという理由で愛情表現が減ることはありません。

 

なぜなら、彼氏の愛情表現が減るタイミングには、
ある共通点があるからです。

 

その共通点を男性心理の観点からご紹介します。

 

彼氏の愛情表現が減る理由

 

彼氏の愛情表現が減るときは、
男性特有の心理が関係していることがあるため、
理解できない女性も多くいます。

 

ここでは、彼氏いどういった心理が働いて、
愛情表現が減るのかをご紹介します。

 

忙しくなったから

 

仕事や勉強などが忙しくなると、彼氏の愛情表現が減ることがあります。

 

なぜなら、男性の脳は1度に1つのことしか考えられないからです。

 

例えば、仕事で忙しいときは、
休憩中や家に帰ってからでも、
彼女のことを考える余裕がなくなってしまいます。

 

そのため、普段より愛情表現が減ってしまいます。

 

もし彼氏の仕事が忙しい場合は、
こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

彼氏が仕事で忙しいときの気持ちと付き合い方

 

目的を達成したから

 

  • 彼氏と付き合いだしてから愛情表現が減った
  • 彼氏と付き合って、数か月してから愛情表現が減った
  • 彼氏と同棲してから愛情表現が減った

 

このようなタイミングで愛情表現が減ることが良くあります。

 

なぜなら男性は、脳の機能から理屈で考える傾向があるので、
目的を効率よく達成しようとするからです。

 

例えば、好きな女性と付き合いと思った男性は、
その人と付き合うという目的を達成するために、
理屈で最善の策を考えます。

 

その結果として、好きな女性に愛情表現をします。

 

しかし、付き合えてしまえば、
目標達成となるので、それ以上愛情表現をする理由がなくなります。

 

そのため、付き合ったり、関係が落ち着いたと思ったり、
同棲したりするタイミングで、彼氏の愛情表現は減ることがあります。

 

彼氏の自己肯定感が低いから

 

自己肯定感が低い男性は、
彼女に依存したり、彼女にモラハラをしたりする傾向があります。

 

そのため、好きな女性と付き合ったり、関係が落ち着いたりするまでは、
彼女に認めてほしくて愛情表現を頻繁にすることがあります。

 

しかし、彼女が自分のモノになったと思うと、
今度は彼女を支配しようとして、攻撃的になるので、
愛情表現が減ることもあります。

 

もし彼氏の愛情表現が減ったタイミングで、
彼氏の口調がきつくなったり、暴力的な一面を見せるようになったりした場合は、
こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

モラハラ彼氏の心理と別れられない彼女の心理、そして別れ方

 

彼氏が愛情表現をしない理由

 

男性の中には、彼女が求める愛情表現をしない人もいます。

 

そんな彼氏に寂しさが爆発することがあるかもしれませんが、
愛情表現をしない彼氏には、彼氏なりの理由があります。

 

ここでは、彼女に知られたくない
そのような彼氏の心理についてご紹介します。

 

男女にとっての愛情表現は違う

 

多くの女性が求める愛情表現は、
彼氏に「好き」や「かわいい」と言ってもらったり、
髪型やネイルの変化に気づいてもらったりして、
感情が満たされることのはずです。

 

女性の脳では、感情を感知する領域とその他の機能に関わる領域がつながっているので、
感情がいろいろな判断に関わってきます。

 

そのため、先ほどのように感情が満たされる愛情表現を求めます。

 

しかし男性の脳は、感情を感じる領域が他の機能に関わる領域から分れているため、
男性は感情を抜きにして、理屈で考えます。

 

この男女の違いがあるので、
彼女は感情を満たしてくれる愛情表現を求めるのに
男性は理屈で考えて彼女のためになることをするので、
彼女は満たされません。

 

例えば、彼女が旅行で食べ過ぎて体重を気にしているときに、
「今のままで素敵だから大丈夫だよ」と言われれば安心できるのに、
彼氏は、彼女のお腹をつまみながら「運動や食事制限すれば大丈夫!」と言って
励ましたつもりになるのは、彼氏なりの愛情表現です。

 

自分の気持ちを言うのが苦手

 

「好き」「かわいい」と言ってもらえないことで、寂しくなる女性も多くいます。

 

なぜ彼氏が彼女に「好き」「かわいい」と言わないのかというと、
男性は脳の機能的に、理屈で考えて発言することが得意な反面、
自分の気持ちを話すことが苦手だからです。

 

また、自分の気持ちを言葉にすることが少ないため、
彼女に「好き」や「かわいい」と言うことが恥ずかしく感じてしまいます。

 

もしかすると、彼氏がテレビを観て芸能人に「かわいい」と言うことがあるかもしれませんが、
それはただの「感想」にすぎません。

 

彼女に「かわいい」と言うことは、
「自分の
素直気持ちを伝える」ことを意味するからこそ、
彼氏は言えなくなってしまいます。

 

愛情表現が少ない彼氏に不安になる理由

 

彼氏の愛情表現が少ないと感じて不安になる女性は、
自己評価が低い可能性
があります

 

自己評価が低い人とは、成長する段階で、
誰にも認めてもらえなかったり、
ずっと否定されたりしてきた傾向があり、
自分で自分を認めることができません。

 

そのため、彼氏に認めてもらうことを求めすぎてしまい、
彼氏に愛されていることが確認できないと、
安心できず不安になってしまいます。

 

愛情表現が少ない彼氏に不安になるときの対処法

 

彼氏の愛情表現が少なくて不安になったときは、
3つの対処法がおすすめです。

 

すべてやっていただくことで、
不安に対処しやすくなるはずです。

 

彼氏とのつながりを作る

 

彼氏に寂しさを感じるときは、
彼氏とのつながりを感じることがおすすめです。

 

なぜなら、人は誰かとのつながりを感じることで、安心できるからです。

 

例えば、彼氏とお揃いのアイコンにするなど、
お揃いのものを作ったり、持ったりします。

 

そうすれば、寂しくなっても、
彼氏とのつながりを感じられて、
乗り越えられるはずです。

 

自分を認められるようになる

 

自己評価が低いことが、
彼氏の愛情表現の少なさで寂しくなる原因なので、
自分を認められるようになり、自己評価を高めれば、
彼氏の愛情表現を気にせず、日々を自分で楽しく過ごせるようになります。

 

自分を認められうようになるためには、
ありのままの自分に優しくなり、
普段から自分を認めてあげること、励ましてあげることが大切です。

 

これは、時間がかかることなので、
毎日少しずつで良いので、やってみて下さいね。

 

もし彼氏に依存気味かな、と思う方は、
コチラの記事も参考にしてみてくださいね。

彼氏に「重い」と言われたときに関係を修復する方法

 

考え方を変えて彼氏をありのまま受け入れる

 

心理学では、人の感情は出来事に対してどう考えるかで決まる、と言われています。

 

例えば、彼氏の愛情表現が少ないときに、
「もう好きじゃないのかも」と考える
寂しくなってしまいます。

 

しかし同じ状況でも、
「これが彼氏なんだな」と考えることができれば、
寂しくならないはずです。

 

このように彼氏の言動を「良い・悪い」で判断せず、
ありのまま受け入れることで、寂し
ならずに済むはずです。

 

愛情表現が少ない彼氏が好きかわからなくなる理由

 

彼氏の愛情表現が少ないと、
彼氏に不満がたまっていき、
いつの間にか、彼氏が好きかわからなくなる方がいます。

 

なぜ彼氏が好きかわからなくなるかと言うと、
体内のホルモンの働きが関係しているからです。

 

あなたが彼氏を好きなときは、
心がドキドキしたり、胸がキュンとしたりする感情を持つことで、

彼氏を好きだと判断しているはずです。

 

このような恋心を感じるとき、
ドキドキした状態ではフェニルエチルアミン、
キュンとした状態ではドーパミンというホルモンの分泌が増えています。

 

しかし、これらのホルモンはネガティブな感情を持つと、
分泌されにくくなります。

 

そのため、彼氏に不安や不満を感じると、
彼氏に恋心を感じるホルモンの分泌が抑えられるので、
彼氏に心が反応
しなくなり、好きかわからなくなってしまいます。

 

彼氏に愛されているか確認するポイント13選

 

ここでは、男性の特徴や脳の働きの視点から、
彼氏に愛されているか確認するポイントをご紹介します。

 

目安としては、紹介する番号が大きくなればなるほど、
男性の心理や本能に反する傾向がるので、
彼女を大切に思ってい
ると考えられます

 

そのため、彼氏が言葉で愛を伝えてくれなくても、
次のような行動から彼氏の愛を感じてみてくださいね。

 

  1. 彼女に手を上げたり、一方的に批判したりない
  2. LINEを送ると返してくれる
  3. 重い荷物を代わりに持ってくれる
  4. 彼女が機嫌を悪くすると寄り添ってくれる
  5. 彼女の家に来るときは、たまに好きなものを買ってきてくれる
  6. 記念日を一緒に祝ってくれる
  7. 彼氏から何気ないLINEを送ってくれる
  8. 彼女のお願いに寄り添ってくれる
  9. 話し合いでは彼女の意見を尊重してくれる
  10. デートプランを提案したり一緒に考えたりしてくれる
  11. 彼氏が弱音を吐いてくれる
  12. 彼女の愚痴や何気ない話をこころよく聞いてくれる
  13. 彼女の気持ちに共感してくれる

 

彼氏が彼女の愛情表現を嫌がるとき

 

男性は、競争本能があるので、
彼女からの愛情表現は、
自分を認められたと思えるので嬉しく感じるものです。

 

しかし、彼氏がゲームや勉強など、
何かをしているときは、
愛情表現を避けることがおすすめです。

 

なせなら、男性の脳は1度に1つのことしかできないからです。

 

例えばゲームをしているときに、彼女に愛情表現をされても、
邪魔されていると感じてしまうこともあります。

 

女性なら、同時処理が得意なので、
何かをしているときでも彼氏の愛情表現を受け入れることができるかもしれません。

 

しかし男性の脳は、同時処理が難しいので、
彼氏が何かをしているときは、愛情表現をすることは避けた方がよいでしょう。

 

愛情表現が多い彼氏の心理

 

愛情表現が少ない彼氏に対して、
「もっと彼氏が愛情表現をしてくれたらな~」
と思うことがあるかもしれません。

 

しかし、愛情表現が多い男性にも注意が必要です。

 

愛情表現が多い彼氏は、自己肯定感が低く、彼女に認めてもらいたい傾向があるからです。

 

そのため、彼女に愛情表現を返してもらうことを求めることや
自分の思い通りにならないと、機嫌を悪くしたり、暴力的になったりすることで、
彼女を思い通りにしようとすることもあります。

 
もし今の彼氏と今後も付き合い続けていくのなら、
対処法でもご紹介したように、彼氏をありのまま受け入れて、
自分で自分を認められるようになることがおすすめです。

 

彼氏をありのまま受け入れる方法は、
こちらの記事でもご紹介ているので、参考にしてみてくださいね。

彼女を受け入れることで「喧嘩」も「悩み」もなくなる理由と方法

 

まとめ

 

彼氏の愛情表現が減るのは、
彼女に冷めたからではありません。

 

彼氏の愛情表現が減っても、
以前として優しさを感じることができるのなら、
彼氏を受け入れることで、より良い関係が築けるはずです。

 

また、彼氏の愛情表現が少なくて不安になったときは、
彼氏とお揃いのもを作ったり、
自分で自分を認められるようになったりすることもおすすめです。

 

男性は女性に比べて愛情表現が苦手なので、
彼氏の行動から、彼氏なりの愛情表現を受け取ってみてくださいね。

 

参考

アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ、話を聞かない男、地図が読めない女、主婦の友社、2002/9/1

大森篤志、大人女子のための さみしさくんのトリセツ、飛鳥新社、2018/3/29

齊藤勇、面白いほどよくわかる! 「男」がわかる心理学、西東社、2013/3/15

齊藤勇、面白いほどよくわかる! 「女」がわかる心理学、西東社、2013/12/27

アルバート・エリス、現実は厳しい。でも幸せにはなれる Kindle版、文響社、2018/8/31

大嶋 信頼、すごい恋愛ホルモン 誰もが持っている脳内物質を100%使いこなす、青春出版社、2018/6/21

タイトルとURLをコピーしました