本ページにはプロモーションが含まれます。(PRに関する当サイトの方針

なぜ彼女は嫉妬しないのか?彼女に「ヤキモチ」をやかせる2つの方法

なぜ彼女は嫉妬しないのか?彼女に「ヤキモチ」をやかせる2つの方法 彼女を知る
  • 彼女に嫉妬されないから好かれているか不安になる
  • 彼女にヤキモチをやいてもらって安心したい
  • 彼女に「嫉妬させて欲しい」と言われたけど、どうしたら良いかわからない

 

このような悩みにお答えします。

 

 

この記事を書いているのは、管理人のスグルです。

僕は彼女と6年以上付き合う中で、好かれているか不安になり、「別れ」の心配をすることが何度もありました。

例えば、マンネリ化したとき、彼女との会話が減ったとき、彼女がヤキモチを焼かなくなったときなどです。

しかし、その度に女性について調べ、彼女と信頼しあえる関係を築く方法を試行錯誤してきました。

そんな経験の中で、偶然、彼女がヤキモチを焼く方法を知りました。

ここでは、僕が経験から分かった彼女を嫉妬させる方法を紹介します。

 

 

ちなみに、心理学を利用した彼女を嫉妬させる方法もあるので、合わせてご紹介しますね。

 

 

あなたもこの記事を読むことで、彼女を嫉妬させる方法が分かります。

ただし、注意点もあるので、忘れずに確認してくださいね。

 

 

この記事では、

  • 彼女が嫉妬しない理由
  • 彼女を嫉妬させたくてもやってはいけないこと
  • 彼女にヤキモチをやかせる方法

を紹介します。

 

 

彼女が嫉妬しないのは「好きじゃないから」ではない

 

彼女が嫉妬しないのは「好きじゃないから」ではない

 

 

彼女と付き合いたての頃は、嫉妬してくれる姿を見て、好かれているな~と思い、安心しましたよね。

 

 

けれど、付き合って1年も経ってくると、彼女もだんだんヤキモチを焼かなくなり、「あれ?好きじゃなくなったのかな?」と不安を感じることがあると思います。

 

 

でも、安心してください。

彼女は、ちゃんとあなたのことが好きです。

 

 

なぜ、そう言えるのか?

実は、彼女が嫉妬しないのは、彼女なりの理由があるからなんです。

 

 

もしかしたら、理由なんていいから、彼女を嫉妬させる方法をはやく教えてくれ!と思うかもしれません。

 

 

ですが、彼女が嫉妬しない理由を知るだけでも安心できるので、まずは「なぜ彼女は嫉妬しないのか?」その理由を2つ解説します。 

 

 

嫉妬しない理由①:嫉妬しても良いことが無いと考えているから

 

多くの女性は、嫉妬したときのデメリットを付き合いを通して学ぶため、あえて嫉妬しないようにしています。

 

 

あなたと付き合いたての頃の彼女は、あなたが他の女性の話をするだけで嫉妬することがあったかもしれません。

 

 

あなたは、そんな彼女を見て、愛おしく感じていたからこそ、嫉妬しない今に物足りなさを感じているんだと思います。

 

 

しかし、多くの女性は、彼氏や元カレとの付き合いを通して、嫉妬することのデメリットを知ります。

 

 

例えば、

  • 嫉妬しているときの自分の感情が嫌い
  • 嫉妬して逆に彼氏から嫉妬されたら面倒
  • 嫉妬して彼氏を束縛したくないし、自分も束縛されたくない
  • 元カレに嫉妬しすぎて別れた

などです。

 

 

よく女性は感情の生きものと言われますが、このように「感情」だけでものごと判断している訳ではなく、現実的なデメリットを考えた上で、「理性」を優先することもあります。

 

 

他の例としては、イケメンと付き合いたい(感情)けど、そのイケメンに経済的な安定や精神的な安定がなければ結婚できない(現実)という場合があります。

 

 

あなたの彼女も、このように嫉妬のデメリットを知ったからこそ、感情的になって嫉妬するよりも、冷静に対処した方が良いと思うようになり、あえて嫉妬しないことを選んでいるのかもしれません。

 

 

嫉妬しない理由②:そもそも嫉妬するほどの事ではない

 

彼女は、あなたを信頼しているから嫉妬する必要がない場合もあります。

 

 

女性は、相手との付き合いが長くなるほど、相手を強く信頼する傾向があります。

 

 

信頼が強くなれば、彼女はあなたの些細な行動で嫉妬する必要がなくなります。

 

 

例えば、付き合いたての頃は、彼女もあなたが会社の同僚の女性がいる飲み会に行くだけで嫉妬していたかもしれません。

 

 

しかし、彼女があなたを信頼すればするほど、彼女は、あなたが飲み会に行くくらいでヤキモチを焼く必要がないことに気づきます。

 

 

もし、付き合い始めた頃の彼女に「飲み会に行く」と言ったら嫉妬されたことを思い出して、また「飲み会に行く」といっで嫉妬させようと思ったのに、上手くいかなかった場合は、彼女の信頼が強くなったからです。

 

 

この場合は、嫉妬されないことを素直に安心して良いときなので、わざわざ嫉妬させない方が良いと思います。

 

  

彼女を嫉妬させたくてもやってはいけないこと

 

彼女を嫉妬させたくてもやってはいけないこと

 

 

彼女に好かれているか分からず不安になり、嫉妬させて反応を見たくなる気持ちも分かります。

 

 

ですが、もし彼女に嫉妬してほしいと思っても、オススメできない方法があるので、2つ紹介します。

 

 

他の女の子と遊ぶ

 

他の女の子と遊ぶのは、彼女に浮気と思われることもあるのでやめておきましょう。

 

 

いくつかの恋愛情報を紹介するサイトでは、嫉妬させるために他の女の子と遊ぶことをススメている場合があるかもしれません。

 

 

たしかに、彼女に他の女性を意識させることで嫉妬心を生み出す方法があります。

詳しくは最後に紹介しますが、たとえ彼女の嫉妬心を刺激できても、他の女の子と遊ぶことだけはやめておきましょう。

 

 

なぜなら、一瞬にして彼女の信頼をなくす場合もあるからです。

 

 

多くの女性は、個人差はあれど、彼氏は自分だけを愛していると思いたいんです。

 

 

仮に、彼女が女友達と遊ぶことをOKしてくれても、本音の部分では納得していません。

最初に紹介したように理性を優先させて嫉妬していないだけです。

 

 

このように多くの女性は、彼氏が友達と思っている女の子と遊ぶことを快く思っていないので、彼氏が他の女の子と遊ぶと「私から気持ちが離れてしまった」と感じてしまいます。

 

 

この場合、彼女は嫉妬を通り越して、「別れ」を考えることもあります。

 

 

なので、彼女を嫉妬させるために安易に他の女の子と遊ぶのは避けましょう。

 

 

ちなみに、他の女の子と遊ぶと言った「ウソ」もオススメできません。

 

 

彼女の気持ちを無視して嫉妬させようとする

 

彼女は自分の気持ちを分かってもらえないことが一番つらいんです。

 

 

あなたが彼女に嫉妬してもらうことで安心したいという気持ちも分かります。

 

 

ですが、付き合うと言うことは、お互いの気持ちを尊重することです。

相手の気持ちを無視していれば、関係は続きません。

 

 

あなたが彼女に嫉妬してほしくても、彼女が嫉妬したくないと思っていれば、お互いに歩み寄る必要があります。

できれば、あなたが彼女の気持ちに歩み寄るのがベストです。

 

 

なぜなら、多くの女性は自分の気持ちを分かってもらえることに対して喜びや愛情を感じるからです。

 

 

分かりやすい例として、カップルの会話があります。

会話のとき、女性は話し相手に、自分の気持ちに共感してもらうことを求めます。

しかし、男性は会話を情報共有の手段と思っているので、感想を言う彼女の話に興味を持てないので、早く話を終わらせようとします。

あなたもこんな会話をしたことがありませんか?

 

彼女:今日、仕事でミスしてほんと落ち込んだんだよ~

彼氏:へぇ~、そうだったんだね。

彼女:先輩に助けてもらえたけど、ほんと大変だったよ~

彼氏:ふ~ん、そうなんだ。

彼女:お客さんに間違った見積もりを出しちゃって、あやうく大赤字になるとこだったんだ・・・

彼氏:それなら、次からはお客へ提出する前にチェックすれば大丈夫だね。

彼女:・・・(怒り)

彼氏:どおしたの?(戸惑い)

 

この例のように、女性は彼氏に「自分の気持ちを分かってもらえない・共感してもらえない」と思うと、愛されていないと感じて怒ることがあります。

 

 

つまり、彼女は嫉妬したくないという気持ちがあるのに、彼氏が嫉妬させようとしてくると、彼女は「私の気持ちを分かってくれないんだ・・・」と感じるので気持ちが離れ、最悪の場合、別れに繋がることもあります。

 

 

あなたも、大好きな彼女と別れることは望まないと思うので、彼女に嫉妬して欲しいと思ったら、まずは彼女に素直に気持ちを話してみてくださいね。

 

 

彼女もあなたに、「キミに嫉妬されないことで好かれてないと思って不安になっちゃうんだよね」と相談されれば、真剣に話し合てくれるので、二人でよい落としどころを探してみてくださいね。

 

 

彼女を嫉妬させる方法

 

彼女を嫉妬させる方法

 

 

嫉妬しない彼女に嫉妬して欲しい場合は、先ほど解説したように二人で話し合って、よい落としどころを探してくださいね。

 

 

ここで紹介する彼女を嫉妬させる方法は、彼女に「嫉妬させて!」と言われたけれど、方法が分からない方に向けた内容です。

 

 

何かに没頭して彼女との時間を減らす

 

彼女以外の何かに没頭することで、彼女との時間が減れば、彼女もあなたにヤキモチを焼きやすくなります。

 

 

彼女以外の何かに没頭する(他の女の子以外にしてくださいね)ことは、僕が彼女と6年以上付き合う中で気づいた彼女を嫉妬させる方法です。

 

 

僕は、彼女と同棲を始めてからも、毎日本を読んだり、ブログを書いたりして自分の時間に没頭しています。

そきどき没頭しすぎて、家にいる時は彼女の相手をせず、ずっとパソコンに向かっていることもあります。

そうなってくると、必然的に彼女と話す時間が減るので、彼女は寂しさを感じることがあります。

彼女は寂しくなると、パソコンに向かっている僕の気を引こうとして、側に来てくれます。

 

 

このように、あなたが彼女以外の何かに没頭すると、彼女は寂しさを感じるので、あなたに嫉妬しやすくなります。

 

 

もしあなたが彼女と一緒にいる時間が多く、二人の関係に新たな刺激が無い状態なら、この方法は効果があると思います。

 

 

心理学を利用して彼女を嫉妬させる

 

嫉妬のストラテジーという心理学を使った方法で彼女を嫉妬させることも出来ます。

 

 

嫉妬のストラテジーとは、好きな異性に自分を意識させるための心理テクニックで、よく好きな相手を落とすための方法として紹介されています。

 

 

嫉妬のストラテジーを具体的に説明すると、

  • 好きな女の子の目の前で他の女の子と会話する
  • 好きな女の子に、あえて他の女の子からアプローチを受けていることを相談する

といった方法です。

 

 

これを彼女との関係に応用することで、彼女を嫉妬させることが出来るはずです。

 

 

例えば、

  • 彼女とショッピングへ行ったときに、お店の女性店員と仲良く話す
  • 彼女に他の女の子からアプローチされていることを相談する

などです。

 

 

他の女の子からアプローチされる状況を作るのは難しいですが、彼女の目の前で他の女の子と仲良く話すことで、彼女の嫉妬心を刺激することは可能です。

 

 

ただし、この方法を彼女に使う時は、彼女に「嫉妬させてほしい」と言われたときだけにしてくださいね。

 

 

また、もし彼女に「嫉妬させてほしい」と言われたからといって、すべてを真に受けて、彼女の目の前で他の女の子と仲良くしすぎると、取り返しのつかないことになる場合もあるので、彼女の反応を見ながらほどほどにしてくださいね。

 

 彼女が「嫉妬させてほしい」という理由

 

彼女が「嫉妬させてほしい」と言う場合は、心のときめきを求めています。

 

彼女が「嫉妬させてほしい」と言う場合、あなたとの関係にマンネリを感じているのかもしれません。

 

 

なぜなら、もし彼女があなたからの愛を感じて、愛に満たされていれば、そもそも「嫉妬させてほしい」とは言わないからです。

 

 

彼女は現在、あなたと一緒にいることに安心している一方で、刺激が無い日々の繰り返しに飽きてきて、昔のように私の心をときめかせて欲しいと思い「嫉妬させて」と言っています。

 

 

つまり、上記で紹介した「嫉妬のストラテジー」を使わなくても、彼女に愛情を伝えて心を刺激すれば、彼女は満足してくれます。

 

 

しかも、彼女の恋心を刺激する方法は、カンタンにできるものがいくつもあります。

ここでは、3つ紹介します。

 

<彼女の恋心を刺激する方法>

  • 今まで行ったことがない場所へデートへ行く
  • 彼女の好きなジャンルのイベントを調べて、一緒に行く提案をする
  • オシャレなレストランへ行く

 

 

多くの女性は、彼氏が「自分のために○○をしてくれた」と思えると、愛情を感じます。

 

 

だから、

  • 新しいデートスポットへ「連れていく」
  • 彼女の好きなことを「調べる」
  • オシャレなレストランを「予約する」

という行動が彼女の心を刺激します。

 

 

しかも、その内容がオシャレな雰囲気や可愛いことに関することなら、さらに彼女は喜んでくれます。

 

 

彼女に「嫉妬させて」と言われたら、嫉妬させる方法で悩むのではなく、彼女のためを想った行動を考えてみてくださいね。

 

  

そうやって、あなたが彼女のためを思った行動を続けるかぎり、彼女はもう「嫉妬させてほしい」なんて言わなくなりますよ。

 

 

まとめ

 

彼女との付き合いが長くなると、自然と嫉妬してくれることも減ってきます。

 

 

しかし、そこには彼女なりの考えや、あなたへの信頼があるからです。

 

 

間違っても安直な行動には気をつけて、彼女に素直に相談してみましょう。

 

 

また、もし彼女に「嫉妬させてほしい」と言われたら、あなたが何かに没頭したり、嫉妬のストラテジーを使うことで、彼女の嫉妬心を刺激することができます。

(ただし、どちらもやりすぎには注意してくださいね)

 

 

参考

ゆうきゆう (監修) 、マンガでわかる! 心理学超入門 [マンガ心理学シリーズ] Kindle版、西東社、2017/6/6

タイトルとURLをコピーしました